アラキタウン

黒歴史や生き恥を切り売り

人間たるもの誰でも死は怖いものですな。

今週のお題「おとうさん」
父の日だから「おとうさん」ですか。なにもしていない。
ただの自分語りしますね。というか父語り。

私の父は本当に自由奔放な人だ。
父親としては良い人なのだけけど、人としては最低みたいな人だ。

良い点
父は田舎の自然に囲まれて育ったため、小さい頃は山川海と色んな所へ連れて行ってくれて、虫の捕まえ方や、木工工作、作物の作り方等、自然との触れあい方を教えてくれた

悪い点
人と会話ができない。というより会話のキャッチボールができない
できるのは一方的な主張だけ。
自分主義、自分の価値観を押し付ける。
情報リテラシーがない、よくわからない本の情報を信じ混みすぐ影響される。
回りの目とか全く気にしない。常識がない。
そんな人なので当然の如く友達もいない。
思春期の頃はこの父親を恥ずかしいと思った。

私を可愛がって育ててくれたのは、かなり歳をとってからの子どもだったことが
大きいだろう。
父が50近い時に私は生まれた。
ちなみに、お見合いで結婚したらしい。
まぁそうだろう。恋愛ができるとは思えない。
母もちょっと問題ありそうな人間だし。


とにかく自由奔放な人だった。
私が大学に入学したと同時に、一人沖縄に渡って自給自足の生活して、体壊して一年で帰ってきたり

行動力とかは見習えるものがある。

70を越えてからというもの、仙人のごとくほとんどしゃべらず本を読み、山を散歩して生きているとのこと。
あっけらかんとして、気ままに生きている人なので落ち込んだりみたいなとこを見たこともなかった。


ところが、最近父が入院した。
心臓に悪いところが見つかったということで、手術を受けることに。
可能性はかなり低いけど、もしかしたら死ぬ可能性のある手術。

私の抱く父のイメージとしては、「死ぬ時は死ぬもんだ~」くらいにあっけらかんとしてそうな感じだった。

だが、母から電話があり、本当に落ち込んでいるから父に電話してあげて。と連絡がきた。
予想外だったが一応父に電話をすると、本当に落ち込んだしょぼくれた声で
「えらいことなったわ~」っと嘆息した後、手術の説明だけして切られた。

およそ2分の電話だ。
主張だけして切る。これぞ私の父親。

死が怖いのなんて普通だろうけど、
当たり前のことが当てはまらない人だったので、ちょっと面白かった。

無事に手術は成功し、今はピンピンしているとのこと。

父のことは大好きだ。良い思い出もたくさんある。
ただ、相手はしたくない。喋りたくも一緒に何かをしたいとか思わない。なんとも不思議な思いを抱いてる。

ただ久しく会ってないし、このお盆には帰ろうかなって思った。


VRChat日記 2019年6月6日 木曜のお遊び会


f:id:alakialaca:20190614093413j:image
真上さん主催の木曜日にやってるお遊び会に行ってました。

 

トラップ&トラベラー

 


f:id:alakialaca:20190612095304j:image


f:id:alakialaca:20190612095330j:image

 

罠を設置する側と、鍵を開けマスターの部屋に潜入する側に別れるゲームです。

 

マスター側は、トラベラーの動きを神視点で把握できてタイミングよく罠を発動させて倒す。

⬇️こういう風に見える。
f:id:alakialaca:20190613092929j:image

 

トラベラーは⬇️のような様々な罠を掻い潜って敵本陣を目指す的なやつ。

f:id:alakialaca:20190613093137j:image


f:id:alakialaca:20190613093205j:image

 

トラベラーは、ここに罠があることを覚えておくためにマーカーを付けることができるのですが、

これを味方に付け合うところから始まる。意味はない。
f:id:alakialaca:20190613093348j:image

 

続きを読む

「○○したい。」って言ってる時点でやる気ない。

本当は今の世の中、やろうと思えば何でもできる。

 

よっぽどマイナーなものでない限り、グーグル検索でやり方の記事がたくさん出てくる。

どうやればいいかわからないを言い訳にしている人がよくいるけど、言い訳になってないんだよね。

でも、悲しいかなそういう人達には、何かあったときに検索するっていう発想がないのも事実なんだな。

 

いや、実際は本当にやる気がないだけなんだろうって思う。

自分も何の努力も無しで突然才能が開花して世間を圧倒できないかなぁ。とか考えたりするし、そういう部類なのかも。

 

たまに「○○したい。」「○○やろうかな。」とかツイートしてる人いるけど、言ってる時点でやる気ない。

調べて実行に移すだけだけど、気力が沸いてきてない。

所謂死にたいツイートと似たようなもので、あわよくば話題提供になればいい構ってちゃん行動の弱い版みたいなものなのかも。

 

そういう気持ちなら理解できる。

「うん。できたらいいね。」

って返してあげよう。

 

VRChat日記 20190601 VRC水着愛好会主催~VRC海開き・ 水着集会~


f:id:alakialaca:20190607092648j:image
終わり際にふらっと見に行ってきました。

 

もうちょっと早かったらもっといっぱい人がいたとのこと。

でも、人多いと重たいからこれくらいでちょうどいいかな

f:id:alakialaca:20190607092515j:image

 

すでに寝てる人いた。


f:id:alakialaca:20190607092558j:image

 


f:id:alakialaca:20190607092630j:image

 

 

短髪マイクロビキニ良いぞー
f:id:alakialaca:20190607092659j:image


f:id:alakialaca:20190607092736j:image


f:id:alakialaca:20190607092751j:image

 

 

パンジャン・・・本当にどこにでもいるな・・・君は。

しかも、轢かれてる人いる。
f:id:alakialaca:20190607092805j:image

 


f:id:alakialaca:20190610093132j:image

 


f:id:alakialaca:20190610093300j:image

 

ロリ巨乳の伝道師、てんたくんさんです。

22日にロリ巨乳集会をするそうです。


f:id:alakialaca:20190610093314j:image


f:id:alakialaca:20190610095019j:image

 

これぞ巨乳


f:id:alakialaca:20190610093534j:image

 

婬紋似合う。

f:id:alakialaca:20190610093712j:image

 


f:id:alakialaca:20190610093755j:image

 

同じアバターなはずなのに、おっぱいの大きさが違うだけで、印象がかなり変わる
f:id:alakialaca:20190610093832j:image

乳比べ。
f:id:alakialaca:20190610093916j:image

 

横から撮ると、完全に隠れてる。
f:id:alakialaca:20190610094035j:image

 

その後、

少しファンタジー集会場に行くと地べたで寝てる人が。
f:id:alakialaca:20190610094115j:image

 

近づくとパンツ見せてくれた。
f:id:alakialaca:20190610094208j:image


f:id:alakialaca:20190610094229j:image

 

サービス精神旺盛な方だった。



 

 

2019年5月27日 カツカレーフォース集会

初めて行われましたカツカレーフォースの集会に行ってきました。

 

カツカレーフォース設立してからかなり時間が経ってるのに、顔合わせるの初めてな人も多くて面白かった。


f:id:alakialaca:20190529203704j:image

 

3番乗りだった。この時開始10分前。
f:id:alakialaca:20190529203741j:image

この写真じゃ分かりにくいかもですが、

このますきゃっとちゃんの尻尾にカツカレーがぶら下がっています。

宙に浮いてますが、謎の不思議な力でぶら下げてるのだそうです。
f:id:alakialaca:20190529203836j:image

続きを読む

幼稚園の演し物でエロゲのBGMが流れた話

私の母親は幼稚園の教諭をしていた。

幼稚園の演芸会で何をするかは、教諭が全部考えて行われるのですが、

その時はコマ回しが幼稚園流行ってたため、

母はBGMに合わせて、園児たちが次々とコマを回していくという演し物を思い付いたそうな。

 

その際に、何のBGMに合わせるか迷い、色々探している母の耳に飛び込んで来たのは、私の部屋から流れてくる音楽。

その時流れていたのは、Fate stay nightのBGM「約束されし勝利の剣」、戦闘曲なので盛り上がる曲調だし、メロディのアップダウンがすごくイメージ通りだったとのこと。

 

その曲を演し物に使わせて欲しいと言われ、

「エロゲの曲なので止めといた方がいいよ。」とは当時高校生の私は恥ずかしくて言えなかった。

 

そして、エロゲの曲だと分かる父兄なんてまずいないだろう。たとえ、わかる父兄が居たとして、「その曲エロゲの曲ですよね。」などと言わないだろう。

という考えの元、CDを渡した。

 

そして、園児たちはエロゲの曲に合わせてコマを回したのだ。