読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラキタウン

黒歴史や生き恥を切り売り

研修でトレーナーが言っていた失敗談。

確認を怠るな。

 トレーナーさんは、最初は証券会社で働いていたそうですが、番号を適当に控えてしまって、謝った契約をしてしまったそうで、そのせいで会社にすごい損害を出してしまったそうです。

その話をしている時のトレーナーさんの悲しそうな顔が印象的です。

 

 

勝手に自分で判断するな

工場でアルバイトをしたときに、マット状の物に機械で穴を開けていく作業をしていたそうなのですが、

その時に、面倒くさいからマット状の物を2枚ずつ機械に入れてしてみたら、問題なく穴を開けれたそうです。

味をしめたトレーナーさんはその方法で早く仕事を終わらせたのですが、

後日2枚ずつすると、ズレが生じ、穴を開けたマットは不良品ということで、処分になったと言われたそうです。

その時は怒られなかったらしいのですが、自分で勝手に判断をせず、何か変えるときは必ず上司に報告しろとおっしゃっていました。

その流れで、報告、連絡、相談のホウレンソウが大事だという話に持っていきました。

 

 

 

研修設計マニュアル: 人材育成のためのインストラクショナルデザイン

研修設計マニュアル: 人材育成のためのインストラクショナルデザイン

 
プロ研修講師の教える技術

プロ研修講師の教える技術