読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラキタウン

黒歴史や生き恥を切り売り

ライブする人は告知の方法をもうちょっと考えたほうが良いのではなかろうか。

どうでもいいこと

 

集客の難しさ

昔はバンドとかしてよくライブを行っていたのですが、ネックになったのが集客ですよね。

いきなりぽっとでのバンドがライブなんかしても人なんか来るはずもなく。

まして大体の人はめっちゃ上手いわけでもないですから、魅力もなく。

 

初めは友達を誘うのですが、1回めは物珍しさで来てくれても、2回目はアマチュアバンドのライブのつまらなさを知り、来てくれなくなる

 

人間みんな急がしいですし、よくわからないライブなんか見に行くぐらいなら、家でアニメ見ていたいという方が多数でしょう。

 

とりあえず、僕の知っているアマチュアバンド(弾き語りの方も含む)の方達は大変そうです。

 

 

twitterが必死すぎる

よくライブで一緒になった人に、「ツイッターやってますか、繋がりましょう!」って言われて、断れるわけもなくフォローしたりするのですが

 

しかも大体はライブ告知しかしないアカウントだったりする。

めっちゃライブ入れまくっているのか、ライブ告知しまくって、

毎回「取り置きしてください!!」ってつぶやいているのを見て辛くなります。

たまに「破産します!」みたいなこともつぶやいているのには、流石にライブ減らせばいいのでは・・・ってなりました。

 

笑ったエピソードで

普段ライブ告知しかしていないのに、ぽろっと「ミュートって便利だな〜」とかつぶやいていたのは笑いました。お前もされてるぞ。

 

私自身、ライブやっていた時によくそういうことしてたけど、いざ客観的に見たらうざいし、ミュートされているのだろうと思った。(;ω;)

 

友達がダメならターゲットは演者に移る。

 

僕自身音楽好きですが、よっぽど好きな人達じゃないと見に行こうとは思いません。

見に行っている時間があるなら、家で曲作っていたいじゃないですか。

これ、他のバンドマンさんも一緒だと思うのですよね。

 

なのに、前項で知り合ったバンドマンさんがDMで「◯◯にライブあるので来てください。」毎回毎回送り付けてくるのはマーケティングの相手を間違っているのではなかろうか。

本来なら、バンドをしていない。ライブをただ見ることが好きなライブキッズに送るべきでしょう。

 

僕に送ってどうするねん。(これが言いたかった。)

 

ブッキングの人にバンド友達の人のライブに見に行き、その友達をライブに呼んで、客がたくさん見に来ている風にするもんなんや。それが助け合いや。

みたいなこと言われたことあるのですが、それって意味あるのかと疑問に思ったりしました。

 

f:id:alakialaca:20170213081802j:plain

 

 ここからが主題。

 

というわけで、マーケティング方法を考えてみよう。

かなりかなり昔ですけど、大阪に遊びに行った時に町中でCD配っていた人がいたのですね。

何気なく受け取って、何気なく聞いて、気に入って調べたら、

 

この人らで、そこから好きになったのですけど、

ただただ「ライブに来て」を連呼するだけじゃヘイト貯まるだけだし、

本当に自分たちのライブに来て欲しいなら、こういう宣伝をしなきゃだめだなって思いました。

 

あと面白いと思ったのが他のバンドのyoutubeアカウントのラジオに出て行ったりして告知も良いなって思いました。

 

 youtubeアカウント持っているアマチュアバンドさんがどんどん増えてきたし

 せっかく情報が発信しやすい世の中になったのですから、こういうことが一番の助け合いではないかと思います。

ライブに交互に行ってお金の交換するのではなくてね。

 

ただライブに来て!だけじゃなくて、ちゃんと自分たちを紹介してプロデュースしなきゃですよね。

こういうこと少しは考えたりして、バンドしたら良かったなっておもったので。